チームとして戦う

0
    JUGEMテーマ:ラグビー

    直前にも書きましたが、
    とにかく書こうと思ったときに書かないと、
    進まない・・・みたいな感じなので。
    (あとW杯組合せだけです)

    もうここまで時間がたったので、
    早慶戦と早明戦を一緒に。
    (大雑把だなあ・・・)


    ○早慶戦
    今年の慶応大はかなりいいらしいとは聞いていましたが、
    百聞は一見にしかずなので、
    見てみましたが、
    確かに非常にまとまりのある
    いいチームだなあという感じでした。
    相対的に見ると、
    早稲田大は個々のポンテシャルはあるけれど、
    まとまりとしては・・・とか
    いわれるかもなあとは感じました。
    ただ、
    特に山中さんが代表活動でいなかったりで、
    そのあたりでは
    少し難しい部分もあったように思われます。
    その山中さんはベンチスタート。
    前半先行をゆるしたことで、
    彼をいつ投入するかが注目されましたが、
    だいぶ中竹監督は我慢していたように
    思われます。
    あとは田邊さんの負傷退場が
    計算外でした。
    (早期復帰がのぞまれる部分ではあります。)
    そんな中でも
    何とか粘って引き分けにもちこみました。
    後半トライでの得点にこだわっていたところは
    評価がわかれるところではあります。
    個人的には
    結果としてはうまくとれなかったところは
    大きな課題ですが、
    先を見据えていたのかなと思います。
    それが活かされる場面があり、
    実際に活かされることを願っています。

    ○早明戦
    天候に恵まれた上に、
    下井レフリーだったので
    是非行きたかったのですが、仕事で断念。
    仕方がないので、
    Kテレビにて録画で見ました。
    でも上田さんが解説だからいいかというか、
    相変わらずさすがの詳しさでしたので、
    十分満足です。(苦笑)

    と前置きはこれくらいで、
    試合ですが、
    何というか早慶戦もそうでしたが、
    入りが慎重過ぎというか。
    いきなりかませとはいいませんが、
    もう少し自信を持ってというか、
    しっかり意識する必要があるような気がします。
    もうどこかのチームを見ているみたいで
    あれだったのですが、
    確かにフィジカルはしっかりしていて、
    80分で何とかできるかもしれないですが、
    毎回そういうわけには
    いかないですし。
    (どこかのチームはそれから挽回できないのが(以下略))
    主導権を握られることで、
    余計な体力とか使いますし。
    なるべく主導権を持って試合ができればとは思います。
    ただ、なかなか難しいなあと。

    明治大も相当の勢いで来ていましたし、
    (だいぶ元気になってきたようです)
    BK陣も初出場メンバーも多く、
    中田さん、有田さんも相次いで負傷退場。
    ということで、
    どうだろうと思いましたが、
    ここで落ち着いていたのが解説の上田さん。
    次々と出てくる早稲田大のリザーブ陣も、
    明治大のこともてきぱき説明され、
    試合の流れを読んでおられました。

    そんな中、
    リザーブ陣の奮起、
    (といっても彼らもポンテシャル十分ですが)
    80分できる体力と粘りが
    ものをいったように思います。
    選手層の厚さを感じつつ、
    個々がしっかり気持ちを持ってやってきたことが
    結びついたように思われます。

    これから
    トーナメント一発勝負になると、
    よりチームとしての総合力が
    問われてくることになると思いますが、
    そういう意味では心強い結果だと感じます。

    まず1試合1試合です。

    では。

    追伸
    昨年みたいに
    2日連続ああ・・・とかならなかったので
    ほっとしました。


    スポンサーサイト

    0
      • 2019.06.25 Tuesday
      • -
      • 15:03
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      関連する記事
      コメント
      今年の早稲田大学は一見弱いように見えますが、
      一つ上の課題をこなしているのではないでしょうか。
      それは選手の自主性に比重をおいてチームを紡ごうと
      している。これは学生スポーツにあってはとても果敢な
      挑戦です。
      いまのところ停滞していますが、これで強くなれば
      新しい早稲田大学の形がまた一つ加わるのではないでしょうか。
      • 北風
      • 2009/12/13 4:22 PM
      >北風 様

      コメントありがとうございます。
      学生主体でということは
      いろいろなところで聞いていて、
      いい挑戦だとは思います。
      ということも踏まえてなお、
      しっかり試合に入るということを
      意識するとよりいいのかなと感じたので
      書いた次第です。

      今年の早稲田大は
      昨年ほどのインパクトは
      ないかもしれませんが、
      しっかりしたチームだと思います。
      今後の試合ぶりを
      個人的には楽しみにしています。

      それでは。
      • rakko
      • 2009/12/13 10:40 PM
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << June 2019 >>

      試合の日程とか参戦予定とか

      それなりには行っています。

      そのうち更新。

      ブクログ

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      • 少しずつ歩みだす
        藍色
      • チームとして戦う
        rakko
      • チームとして戦う
        北風
      • 明日の夕飯の献立を考える
        rakko
      • 明日の夕飯の献立を考える
        金子大作戦
      • Stolz von URAWAREDS−浦和の誇り
        rakko
      • Stolz von URAWAREDS−浦和の誇り
        野ばら
      • どうしても外せない用事〜J1リーグ戦第5節 横浜FMvs浦和
        rakko
      • どうしても外せない用事〜J1リーグ戦第5節 横浜FMvs浦和
        まさ
      • 風邪モードそれなりに継続中
        就職率アップを喜ぶ国民☆

      recent trackback

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      PR