チームメートを信じることが大事〜天皇杯決勝 浦和vsG大阪in 国立

0
    20070103_321547.jpg
    by永井さん。

    今日は
    この試合の得点シーン前後の録画を
    何回も見てしまい、
    すっかり世の中から
    離れてしまった
    この頃です。
    明日から
    社会人としてやっていけるのだろうか・・・。
    すごく不安だ・・・。

    この試合の翌日、
    国立競技場に行きましたが、
    まだ
    フィールドの上に
    サッカーコートのラインが残っていて、
    この試合の様子が
    ありありと目に浮かぶという・・・。

    まずは
    試合結果。
    天皇杯決勝 浦和vsG大阪 1−0 in 国立競技場
    (得点者)永井雄一郎
    これにより
    天皇杯連覇(Jチームとしては初)
    及び06シーズン2つ目のタイトルを獲得。
    ギド監督としては3つ目のタイトル。
    この結果、
    2008AFCチャンピオンリーグの
    出場権を獲得。
    2007ゼロックススーパーカップの出場権は
     既に獲得済み。
     2月24日国立で、相手はG大阪だそうです。)

    赤い旗試合後のコメント
    ギド監督都築選手細貝選手内館選手
    鈴木選手小野選手相馬選手山田キャプテン
    ポンテ選手永井選手堀之内選手
    長谷部選手岡野選手
    ※TVでは
     監督の他、都築さんと永井さんのインタビュー。
     前のエントリにも書きましたが、
     どちらもよかったです。

    赤い旗写真
    心構え監督の会場いり
    試合前その1その2
    (本当に今回もすばらしかったです。お疲れ様でした。)
    スタメンいつもどおりの監督
    がんばった細貝さん足の状態ももろともせず動く鈴木さん
    試合への執念を見せる小野さん
    岡野さんの渾身のアシスト決めた永井さんその1永井さんその2
    二冠と連覇いい青空だった
    また高く掲げた杯ひな壇
    杯が監督のもとへ
    (録画放送には入っていなかったけれども、
     この杯は
     山田キャプテンが照れくさそうに渡したもの。
     そして、監督の手からサポーターにわたる。)
    わたる歓喜達
    サポーターにわたった杯胴上げ

    赤い旗中継
    NHKによる。
    リーグ優勝時と同じ
    野地アナが実況を担当。
    得点時は
    珍しく大きな声で驚きました。
    でもだからこそ効果的。
    解説は
    原さんと木村さん。
    得点時の反応が
    実に二人らしい感じでした。

    ということで
    皆様お疲れ様でした。
    しっかり
    オフ満喫でお願いします。

    社会人、社会人、社会人・・・。
    (と唱えるだけ。苦笑・・・)

    あとは別窓にて。
    監督のことは
    また改めて。

    続きを読む >>

    掴む、そして歩く。そこに道がある限り〜天皇杯準決勝浦和vs鹿島

    0
      天皇杯準決勝 浦和vs鹿島 2−1 in 国立競技場
      (得点者)小野伸二、ロブソン・ポンテ

      監督コメント
      選手コメント
      小野さんコメント

      正直また
      国立でお正月が迎えられるとは
      思っていなかったです・・・。
      初戦はともかく、
      福岡戦、磐田戦と
      何度となく
      試合中にいったいどうなるんだろうと
      思っていたような。
      今日の試合も最初はどきどきでした。
      しかも
      すっかりアウェイ側の席だったので、
      前半の守備ぶりはつぶさに見えましたし。
      でも、
      きっちりとしのいで、
      生まれたゴールはどちらも
      すばらしかったです。

      こんなどきどきでやってきて、
      また決勝は手強い相手ですが、
      ここまできたからには
      あと一試合、
      しっかりやっていきたいです。

      ということで、
      決勝はまたしてもテレビ観戦ですが、
      また
      昨日に気持ちはしっかり
      国立においてきましたので。

      よろしくお願いします。

      そして
      今年もありがとうございます。
      MDP特別号
      制作に携わっていらっしゃる方々、
      本当にお仕事お疲れ様です。
      また
      買うぞと。


      ここにまだ想いがある限り〜天皇杯準々決勝 浦和vs磐田

      0
        天皇杯準々決勝 浦和vs磐田 3−3(PK10−9) in 埼玉スタジアム
        (得点者)永井雄一郎、小野伸二×2
        PK順番
         小野伸二、山田暢久、ロブソン・ポンテ、酒井友之、長谷部誠、
         都築龍太、内舘秀樹、鈴木啓太、坪井慶介、細貝萌

        監督コメント
        選手コメント

        冷静に振り返れば、
        まず2点先取されたはどうかととか、
        (1点目はシュートうった人がフリーだったしなあ・・・。
         3点とも反省な感じだ・・・)
        そんな自分たちの気合いはどうだったとか。
        逆転したのにすぐいれられたとか。

        でも
        何だかずっしりきた試合だった・・・。
        何だろう・・・。

        PK戦を目の前で見るのは
        本当に胸がいたいです・・・。
        でも、
        よかったです。

        何だかうまくいえないですが、
        とにかく29日も参戦するぞと。


        続くは困難な道〜天皇杯5回戦 浦和vs福岡

        0
          天皇杯5回戦 浦和vs福岡 3−0(EX) in 埼玉スタジアム
          (得点者)ロブソン・ポンテ、ワシントン、永井雄一郎

          監督コメント
          選手コメント

          今日は
          乗っていた電車
          まさに浦和美園着こうとする頃、
          そういえば
          2年前優勝したあのチームが天皇杯で・・・とか、
          リーグ最終戦を戦ったチームは
          延長戦だったとかということを
          思い出していたのですが。

          あう・・・。冷や汗

          もう
          いつもの同行者のみなさんは
          どうも都合がつかなくて
          ということだったので
          これで・・・だとどうしようとか、
          ギドがこれで・・・だとどうしようとか、
          (でも福田さんと井原さんのときも・・・。
           あれは鈴木さんはとてもショックだったらしい。
           私もショックでした・・・)
          いろいろ頭をよぎりました。
          なので、
          延長戦になったのは
          しょうがないです。

          自分も人のこといえないくらい
          気合いが全然足らなかったので、
          まだ
          チャンスはあるので
          次はしっかりやりたいです。

          本当に反省しています・・・。

          それで、
          次期監督はオジェックさんに基本的に決定なようです
          今日も試合を観戦していた模様です。
          (あとチキ・ベギリスタインさんとオシムさんも・・・)
          オジェックさんについては、
          結構印象的な思い出があるので、
          それはまた正式決定のときに。

          WE MADE IT TOGETHER〜J1リーグ戦第34節 浦和vsG大阪

          0
            やっと試合の話です・・・。

            J1リーグ戦第34節 浦和vsG大阪 3−2 in 埼玉スタジアム
            (得点者)ロブソン・ポンテ、ワシントン×2
            ※ 浦和、J1リーグ戦初優勝!
            ※ ワシントンさんは、マグノ・アウベス選手と共に
              得点王を獲得!

            よつばのクローバーコメント
            ギド監督コメント
            (酒井さんや都築さんに気遣いつつ)
            ・選手コメント
             山田キャプテン
             山岸さん都築さん
             闘莉王さん(動画のみ)内館さん、坪井さんネネさん
             平川さん
            今日は格別だった
            というコメントがよいです。
             酒井さん小野さん
             アレさん
            うれしすぎて言葉がないくらいうれしかった。
            ってこれもまた。
             鈴木さん(コメント全体に感じるものがあるなあと)、
            長谷部さん田中達也さん
             ワシントンさんポンテさん(動画のみ)
             そして岡野さん
            ・関係者
            福田さん
            URAWA BOYS代表 角田修一さん
            (選手とかサポーターとかではなく全員合わせて)俺たちがレッズです。
            選手には感謝しています。

            (そうだよなあ・・・)
            ROSSO BIANCO NERO 早川祐さん
            (ビジュアルの構想は2年前にはあったらしい・・・。
             すごいです。)


            よつばのクローバー写真
            スタメン写真
            監督
            ・ビジュアル
             エンブレム1エンブレム2エンブレム3
             メインもきれいでした
             全体でもすごい・・・
            ・表彰式
            フラッグ。(長谷部さんがいい笑顔(違))
            銀皿
            うれしい瞬間こちらも赤いなあ
            ・場内一周
            ワシントンさんその1その2その3その4
            小野さんとポンテさん
            一児の父でもある田中達也さん山岸さん岡野さん
            ゴール裏で万歳記念撮影

             
            今週のぐだぐだぶりから、
            先週はとても緊張していたようです。
            >自分
            その緊張感が
            最初に意識されたのは、金曜日の夕方。
            そして、
            試合当日、
            O線で新宿駅におりたった瞬間に
            ずしんとまたきていたような気がします。
            でも、
            みんなもとても緊張していたみたいです。
            あとは
            南北線から埼玉高速鉄道の間も
            もちろん緊張していて、
            あとは
            電車にのるサポ達も
            埼玉スタジアムまでの道すがらのサポ達も
            緊張していたなあと
            今になっては思います。

            そんな中で、
            アップが始まって、
            でも緊張の中でも
            ワシントンさんやポンテさんが
            シュート練習で
            この間の東京戦よりは決めていたような
            気がします。
            あとは
            G大阪の選手達も緊張しているなあと。

            そして
            試合前に立ち上がってみんなして
            歌った時

            何となく歌えなかったです。
            もうみんなのすごい思いを感じて、
            本当にこの試合は大変だなあと
            思いました。

            ビジュアルは
            ただひえーみたいな。
            こんなことができるということを
            考えたことがなかったので。
            選手達も驚いたでしょうね。

            そして
            試合は
            あの先制されてから
            同点になるまでの6分間が
            ともかく勝負どころだったのかなあと。
            先制されたとき、
            山岸さんがどこかで
            ポストにはじかれてくれと
            思ったといっていましたが、
            私も同じ事を思っていたなあと。
            ボールがころころと
            わりと力なく転がっていったので。
            お互いに固くて、
            ただ何となくおされてきたのを
            わりと押し返していたので、
            大丈夫かなと思った矢先で。
            でも、
            ものすごい悲観的にはならなかった気はします。
            2点目をすぐ入れられたら、
            もっとショックだったでしょうが。
            この後
            相手が勢いよく押し込んだと
            試合の解説読むと
            書いてあるのですが、
            何だか思い出せないです。
            なんだかんだで
            きっと頭の中が
            真っ白だったのでしょう・・・。
            (駄目だ、すでに書いている事が矛盾しているなあ)
            そこに
            ポンテさんのゴールがくるわけですが。
            あれは
            本当にすごいシュートだったなあと。
            技術と気持ちが両方あるべきところにあったから
            あの場面で
            決められたんだろうなあと。
            だから
            ものすごい重いなあと。
            それでみんなが普段通りできるようになって、
            また前半終了間際に
            点が入ると。
            あれも、鈴木さんも、ポンテさんも、ワシントンさんも
            みなしっかりやっているからこそ生まれたなあと。

            後半は、
            遠藤選手が出てきて、
            5分間くらいが
            どきどきもしたけれども
            本来のG大阪が出現した感じで、
            面白くもあったのですが。
            でも、
            そのあとシジクレイ選手が怪我をしてしまって、
            そんな中を
            またしっかり1点とったという。
            しかもワシントンさん得点王!みたいな。

            あとは
            1点とられましたが、
            楽しかったです。
            田中達也さんが出てきて
            なんでサイドなんだ〜と思いつつ。
            そして
            坪井さんと岡野さんが出てきたり。

            そんな中、
            内舘さんがピンチに必死に足を出して
            ボールを出した時の
            わあと拍手の反応が
            印象深かったです。
            こうやって長い間一喜一憂してきたなあと。
            そういう普段の積み重ねで
            ここまできたんだなあと。
            試合途中なのに
            感慨深かったです。

            試合終了後は
            すごい泣くかと思いましたが、
            結構笑顔でした。
            ギド監督や山田キャプテンのインタビューのときは
            うるっときましたが。
            何だか今の方が
            いろいろ思い出して泣ける感じです。

            場内一周はあっと言う間でした。
            選手たちがゴール裏前で記念撮影していて、
            微笑ましかったし、
            銀皿を
            コールリーダーさんに渡すのも、
            恒例になってきましたし、
            そういうのを
            後輩達が見て
            いいなあと思っているのは
            昨年実証済みなので、
            またいい形で
            あとにつながっていくとよいなと
            思います。

            また、
            試合後に
            サポ席に乱入している選手達の
            元気なこと(笑)。
            やっぱり気になるのでしょう。
            また、
            古いチャントをバックに
            浦和へ向かいました。
            浦和は元気でした。
            このときに浦和にいられることが幸せだなあと。

            あとは補足で。
            (何を補足するんだ、これ以上・・・)


            最後の一歩を〜J1リーグ戦第33節 浦和vsFC東京

            0
              J1リーグ戦第33節 浦和vsFC東京 0−0 in 味の素スタジアム
              (得点者)なし

              監督コメント
              選手コメント
              写真
              この旗のもと
              次へ向かう
              ただそれだけ

              今年の味の素スタジアムでは
              2試合やって
              まったくゴールがないという・・・。
              というか、
              FC東京は
              今年は
              このカードで
              まったく点をとっていないのか・・・。

              何とも。

              試合終了間際に
              ベンチの方がわさわさしているなあと
              思いましたが、
              いろいろやりとりがあったようですね。
              自分は途中経過とかも
              よくわかっていなかったので、
              帰路についてから
              そうなんだ・・・という感じです。
              もともと
              勝たないとないだろうと思っていたので、
              試合が終わった時に
              次だなあと思ったのですが。

              本当に
              現場にいっていた一人としては、
              勝てなくて
              辛かったし、
              申し訳ないなあという気持ちでいっぱいです。
              あと
              一試合チャンスが与えられたので、
              それは
              何としても
              つかむように
              がんばるだけだなあと。
              条件のこととかは
              頭をいろいろよぎりますが、
              まず1プレー、1点という
              気持ちを持っていきたいと思います。


              待つこと。〜J1リーグ戦第32節 浦和vs甲府

              0
                J1リーグ戦第32節 浦和vs甲府 3−0 in 埼玉スタジアム
                (得点者)ワシントン×2、山田暢久

                監督コメント
                選手コメント

                試合前の光景その1
                その2
                その3
                (メイン側もみんなそうでした。)

                この間職場で
                週明け出るのがいかに憂鬱かみたいなことで
                盛り上がっていましたが、
                明日が仕事なだけが、
                今は憂鬱だ・・・。
                でも、
                それ以外は
                何かもうなんていっていいいかわからないです。
                まだこれからなんですが。
                だから
                きっと仕事をした方がよいのだろうなあと。

                とにかく
                明日は仕事して、
                あとは日曜日に備えます。
                しっかりと気持ちを持っていかなくては。
                みんなやってくれると
                思いますので。

                続きを読む >>


                calendar

                S M T W T F S
                      1
                2345678
                9101112131415
                16171819202122
                23242526272829
                30      
                << June 2019 >>

                試合の日程とか参戦予定とか

                それなりには行っています。

                そのうち更新。

                ブクログ

                selected entries

                categories

                archives

                recent comment

                • 少しずつ歩みだす
                  藍色
                • チームとして戦う
                  rakko
                • チームとして戦う
                  北風
                • 明日の夕飯の献立を考える
                  rakko
                • 明日の夕飯の献立を考える
                  金子大作戦
                • Stolz von URAWAREDS−浦和の誇り
                  rakko
                • Stolz von URAWAREDS−浦和の誇り
                  野ばら
                • どうしても外せない用事〜J1リーグ戦第5節 横浜FMvs浦和
                  rakko
                • どうしても外せない用事〜J1リーグ戦第5節 横浜FMvs浦和
                  まさ
                • 風邪モードそれなりに継続中
                  就職率アップを喜ぶ国民☆

                recent trackback

                links

                profile

                search this site.

                others

                mobile

                qrcode

                PR